和裁士になる学校- 実力派プロ和裁士になろう|辻村和服専門学校

教師紹介

和裁教師  小川 喜愛

「百聞は一見に如かず」と言うように、図や模型、実物などを用いて分かりやすい、覚えやすい説明を心掛けています。

 技術や知識を身に付けるスピードは人によって異なります。私は社会人を経てこの学校に入ったので、スタート時点で色々なハンデを感じていました。しかし、一人で着物を裁断から仕立て上げることへの憧れと、一反一反の柄を見る楽しみが、和裁を続ける原動力となっていました。

 目標と楽しみがあれば継続していけると思います。

小川 喜愛