和裁士になる学校- 実力派プロ和裁士になろう|辻村和服専門学校

【呉服店スタッフ】和田菜津美さん

着物を伝統文化としてイベントだけではなく、 日常的に気軽に着物を使っていただきたい

着物を伝統文化としてイベントだけではなく、
日常的に気軽に着物を使っていただきたい
呉服店スタッフ
和田菜津美さん
㈱川島織物セルコン 松坂屋静岡店「和ぎゃらりい」 勤務
静岡県伊東市出身
辻村和服専門学校 和裁本科 2016年3月卒

こちらに就職した理由、決め手はどの様な所に魅力を感じたからでしょうか?

個人店ではどうしても着物の仕入のクセがありますが、デパートに入っているお店なので、扱っている品物の幅の広さ、知識や社員教育がいき届いているところが自分の身になると思ったからです。

現在(今後)の仕事内容、お客様や商品に対して心掛けている点は?

お客様には、自主的に売ろう売ろうとはせずに、お客様が求めている物、欲しいと思っているものを察して、買い物のお手伝いをする様に心掛けています。先輩方の様にどんなお客様にも対応出来る様になりたいです。

他に、店には礼装用の着物は多いのですが、カジュアル系が少ないので、それらの産地、織り方、染め方などを更に勉強して知識を増やしていきたいです。

辻村での学びが実際の仕事で活かされていると思う事は何ですか?

「裁ち」をした経験は大きかったです。お直しについて聞かれる時なども着物の構造を知っているか知らないかが重要ですし、柄などどこに出すことが出来るのか伝えられます。

■会社、着物を通して、お客様に伝えたい事。

 

着物を民族衣装、伝統文化としてイベント(祭事)だけの着用に留まらず、日常的に気軽に着物を使っていただきたい。

着物は高いイメージもありますが、年中着用されている方は安く済まされている方も居ます。

多くの人にどんどん着て欲しいし、業界全体も盛り上がっていくことで、着物も発展していけると思います。

 

■今後、呉服屋に勤めたいと思っている在学生へのアドバイスや、学校生活で大切にしてもらいたい事があったら一言お願いします。

 

売り場の空気感を知ることでその会社が見えてくる。商品の売り(勧め)方や接客の様子などを実際肌で感じる事は大事です。またお店としてどんな商材を売っているか、そこに自分が扱いたい品物があるかなどを見て判断すると良いと思います。