その他授業

友だち追加数

被服材料・整理学/秋山杏子(和裁教師兼任)

主として和裁に用いられる繊維材料と、その保管・手入れについての知識を身につけることを目的として、

1)和服に用いられてきた繊維素材の変換、

2)和服素材に要求される性能と素材との関わり、

3)繊維が糸そして布へと製織されていく過程、

4)生糸の精練過程や糸使いの違いによる絹織物の多様性や”染めのきもの”の工程、などを踏まえた上で、

5)和服の主要材である絹の性質をその他の繊維素材と比較しながら、それぞれの繊維の長所や短所を学ぶ。

6)繊維の性質を考慮した、洗濯、しみぬき、などの手入れや、保管の方法についても学習する。


和装史・和裁マナー/大浜光美(和裁教師兼任)

  日本人の衣服の起源から、原始社会、古代社会、封建社会、近代社会などの時代を経て今日の和服の様式が確立されるまでの服装史を、公家、武家、庶民の男女 の服装の比較を行いながら書物、埴輪、壁画、肖像画などを資料としてたどり、時代背景が服装に与えた影響や和服に込められた伝統文化を学ぶ。

さらに、現代の和装のTPOにかなった着装について、素材や色合わせ、きものと帯、小物や履き物、髪型などのトータルコーディネートと、和服の着用時に心がけたいマナーについての常識を学び、和服の美しい装い方についての知識を身につける。




専修学校 辻村和服専門学校
〒422-8041 静岡市駿河区中田1丁目18-13
TEL:054-283-1125 info@tsujimura.ac.jp
Copyright © 2007 - 2019 和裁士になる学校- 実力派プロ和裁士になろう|辻村和服専門学校, All rights reserved.
Total