当校の特徴

友だち追加数

プロ和裁士を育成

大正3年に発足以来、100年以上、多くの和裁士を育成し、輩出してきました。

100年にも渡る日々の積み重ねが現在の早く、美しく、そして綺麗にという辻村式和裁技術を確立してきました。

和裁は1枚の布を裁断し縫い上げる、決して機械化されない技術であり、一生の仕事です。

当校はプロの和裁士を育成する学校です。辻村式和裁技術を教えるとともに、
幅広く知識等を向上できるようにさまざまな授業をカリキュラムに組んでいます。

学びやすい環境として、施設・寮・諸制度も充実させており、サポート体制も充実しています。

総合力のある和裁士を育成することに、絶対的な自信があり、系列会社があることで、卒業後の和裁士としての道筋も立ててあります。

理事長の教育方針

国家資格取得に高い実績

技能検定1級は最高の和裁資格です。

実務経験7年又は2級合格後2年を経て受検できます。

スピード、正確さ、着心地の良さ、仕上がりの美しさ等、仕立てに関するすべてを満足させる人だけに与えられるこの証は、一生貴女の仕事をささえます。

技能検定2級はプロ和裁士の証明書

実務経験2年又は3級合格後受検できます。

試験は片袖まで縫 いあがったところからスタートし、6時間以内にあわせ女物きものを縫い上げます。

在学中に取得できます。

★平成28年度の実績

各学科の学生が受験し、3級13名(合格率92%)、2級5名(合格率62%)が見事合格しました。また、卒業後の辻村和裁研究所の専属和裁士も1級に4名(合格率100%)合格しました。

毎年、静岡での実技の試験会場はここ辻村和服専門学校です。静岡県の受験者のほんとんどは辻村の学生です。

技能検定3級は経験年数0.5年で受検

入学して1年目で受検します。

長襦袢の試験になります。


技術の証、近年さまざまな入賞歴

毎年7月に京都で全国和裁技術コンクール、秋に技能五輪全国大会(和裁部門)が開催されます。
プロ和裁士も出場する全国和裁技術コンクールには2009年の金賞受賞から3年連続で入賞を果たしました。
近年は23歳以下のみ出場できる技能五輪全国大会に2011年から出場し、現在8大会連続で入賞しています。
(写真2011年の授賞式。真ん中の白の服が銅賞受賞の根元さん)
日頃の学習、教育の成果が出場した大会で発揮できています。
 
【近年の受賞歴】
2009年 全国和裁技術コンクール 金賞、銅賞
2010年 全国和裁技術コンクール 銀賞
2011年 全国和裁技術コンクール 銀賞
     技能五輪全国大会(和裁) 銅賞
2012年 技能五輪全国大会(和裁) 銀賞、敢闘賞
2013年 技能五輪全国大会(和裁) 銅賞   
2014年 技能五輪全国大会(和裁) 銀賞 銅賞
2015年 技能五輪全国大会(和裁) 銅賞2名 敢闘賞1名
2016年 技能五輪全国大会(和裁) 銀賞 敢闘賞
2017年 技能五輪全国大会(和裁) 銅賞 敢闘賞
2018年 技能五輪全国大会(和裁) 銅賞



専修学校 辻村和服専門学校
〒422-8041 静岡市駿河区中田1丁目18-13
TEL:054-283-1125 info@tsujimura.ac.jp
Copyright © 2007 - 2019 和裁士になる学校- 実力派プロ和裁士になろう|辻村和服専門学校, All rights reserved.
Total