和裁士になる学校- 実力派プロ和裁士になろう|辻村和服専門学校

卒業生の活躍

小松晃子さん(2009年卒)

浴衣を子供に着せてあげるのが今の私の夢です。
小松晃子さん(2009年卒)
●藤枝市出身 
●研究生

 和裁の道に進もうと思ったきっかけは、親戚の叔母が作ってくれた一反の浴衣でした。夏にその浴衣を着れることが嬉しくて自分でもいつか縫う事ができたら素敵だなと思っていました。手先は器用なほうではなかったので不安もあったのですが和裁以外にも着付けや茶道の授業もあってたくさんのことを学べるのが楽しそうだな思いこの学校に決めました。苦労することもたくさんありましたが、一番の目標だった国家検定一級も取得することが出来ました。

 今は結婚して縫っていられる時間も少なくなってしまいましたが、自分が出来る範囲で仕事を続けています。先の事はまだわかりませんが子供ができたら浴衣を縫って着せてあげるのが今の私の夢です。